2020.10.13

日本における硝酸態窒素対策の現状

日本国内では、硝酸態窒素の低減を目指し様々な対策が行われています。ですがその取り扱いは非常に難しいものであり、十分な成果をもたらすものとはなっていないのが現状です。

 

 

硝酸態窒素は野菜を効果的に生産するために重要な栄養素とされ、従来は肥料の中に多く含まれておりこれを積極的に与えることでより効果的に野菜を生育させ利益を上げることができると考えられてきました。そのため積極的に利用し効率よく野菜を生産するための研究も広く行われていたのです。ですがその後の研究で、植物は土壌から吸収した硝酸態窒素を完全に使い切ることができなかった場合はそれを内部に蓄積し、これを食べた人間に健康被害を与える危険性があることがわかっています。

 

現在、農林水産省では栽培に使用する肥料の中の硝酸態窒素の含有量や与える量をガイドラインで規制しています。2006年には「野菜の硝酸イオン低減化マニュアル」を発行。様々な成分の中に含まれる量を指定することで、人体に対する影響を極力減らし安全に食べることができるものを生産するように指導しています。とはいえ実際には野菜が必要とする栄養素であることや、生産性に大きく影響する問題でもあるため必ずしもこのガイドラインが遵守されていないという危険性もあることなどが理由で、全ての生産物において実現できているわけではないでしょう。

 

 

近年では、硝酸態窒素が土壌に含まれている量を積極的に調査したり、また河川に流出する量などを測定することでその安全性の状況を確認したりが頻繁に行われており、合わせて様々な影響に関する詳細な説明や指導を積極的に行うことでその対策としているが実態です。

さらに一般の人にもその危険性を十分に認識してもらうような啓蒙活動が行われており、そのために必要な分析も高い技術を持って進められていると言えるでしょう。最近では許容量の設定も細かく行われており、また食品会社でも自主的に測定を行い規制を行うといった対策が講じられています。

 

野菜における硝酸態窒素へ戻る

トップへ戻る
トップへ戻る
野菜のご注文定期宅配
お問い合わせ・資料請求
今すぐチャットでのご相談