2020.10.05

硝酸態窒素が土壌へ与える影響

硝酸態窒素は植物の生育に非常に重要な窒素を含んだ栄養素であるため、野菜をはじめとする植物の発育には欠かせないものとなっています。そのため肥料の中に含まれていることが多いのですが、過剰に与えると必要以上に野菜に吸収されそのまま残留する形となります。残留した硝酸態窒素は、その野菜を摂取する人体にも少なくない影響を及ぼします。

人間が硝酸態窒素を過剰に摂取をすると血中のヘモグロビンを変化させ、メトヘモグロビン血症等を引き起こす要因になると言われています。特に乳幼児の場合にはその影響を受けやすく、微量であっても様々な健康被害を発生させるリスクがあるため、厳重に管理をしなければならないでしょう。

 

注意しなければならないのは、野菜への残留分だけではありません。植物に吸収されない分は、土壌の中に残留することになります。ですが、実際には硝酸態窒素は土壌に吸着しにくく、水などで簡単に地下水や河川に溶け出してしまうという性質があります。

池や沼の水などの含有量が増えた場合にはその自然体系を破壊し、水質を汚染させる原因となることもあるでしょう。また間接的に水源から人体に入る可能性があります。特に地下水や河川水などは最終的には飲料水に利用されると言う恐れもあり、これらをもとに乳幼児が摂取するミルクの調整水などに使用される場合には非常に危険な状態となることも多いので注意が必要です。

他にも最終的には様々な面でトラブルを発生させることになるため厳重に管理をしなければなりません。

 

硝酸態窒素は野菜の生育に必要な分量を十分に考慮し、極力土壌の中に残らないよう肥料のやり方に注意をしながら、安全に農作物を育てることが非常に重要なポイントとなっています。

 

野菜における硝酸態窒素へ戻る

トップへ戻る
トップへ戻る
野菜のご注文定期宅配
お問い合わせ・資料請求
今すぐチャットでのご相談